IG Style House リフォーム
資料請求
お問合せ・ご相談
お知らせメール登録
イベント予約
通話無料お問い合せは下記へ 0120-880-250

設計士ブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  設計士ブログ

設計士ブログ

2016.05.21
リビング階段が人気です。

こんばんは、森です。

このところ、廊下から階段を通って2階へ行くよりも

リビングに一度入り階段を通って2階へ行くリビング階段を

ご要望され提、案するケースが増えています。

CIMG2366.JPG

リビング階段は2階の子供部屋へ行く際に

必ずリビングを通らなければなりません。

そのため子供が知らない間に帰ってきていたり出て行ってしまったり

ということが動線上起こりにくい間取りであるため

子育て中のご夫婦に人気です。

IMGP5649.JPG

RIMG2520.JPG

このリビング階段に限らず階段周りは納まりが

複雑になることが多く図面を描くときにも

ああでもない、こうでもないと社内で納まりを

検討します。

が、やはり納まりは現場で確認するのが一番。

ということで現場にて納まりの確認に行きました。

CIMG2538.JPG

CIMG2553.JPG

階段の裏側や下側をサイズを測りながら確認してきました。

これで階段周りの納まりはバッチリです。

やはり現場で実物を見るのが一番です。

ということで

5月29日(日)に春日井市で構造見学会を行います。

こちらでは完成すると隠れてしまう構造躯体を

ご覧いただくことができます。

人気の企画、断熱材セルロースファイバーの吹き込み実演や

防音実験など『体感型』の見学会です。

ぜひともお越しいただきアイジーの家づくりを

体感していただくと良いとおもいます。

2016.05.18
家事動線

こんばんは 増田です。

先週末行われた豊川市での完成現場見学会。土日と2日間、天候に恵まれたこともあり

沢山のお客様にご来場いただき誠に有難うございました。

今回ご来場いただいたお客様に特に好評だったのが「家事動線」

暮らしの中で家事は毎日のこと。少ない時間で効率よく行いたいものですね。

IMG_4779.JPG

今回のお宅は玄関からファミリークローゼット(1坪)を通して洗面脱衣所、浴室に繋がる1本動線。

家に帰ってきてすぐに部屋着に着替えられるクローゼットが玄関近くにあると便利です。

ランドセルや鞄などもこちらに収納できれば部屋が散らかることも無いですよね。

また子供が外で遊んで汚れて帰ってきても、リビングを通らずそのまま洗面所まで直行できます。

更にこのファミリークローゼット、洗面脱衣所に隣接していますので、部屋干しスペースとしても

活用できます。

そしてこちらのお宅はキッチン廻りの動線を考えた配置。

0922邏榊刀逕サ蜒・_MG_6967.JPG

キッチンとダイニングテーブルを横並びにすることで料理の運びやすさや片づけなど家事効率も

グッと上がります。

キッチン近くにこんなパントリーがあると更に便利です。

パントリー.jpg

いくつか事例を紹介させていただきましたが、最後に注意したいのが、家事動線を優先しすぎて

満足いかない間取りの家になってしまうこと。

やはり優先順位を考えて、ご家族みんなで話し合い間取りを考えることが大事ですね。

それでは今後のイベントについて

5/22(日) 安心安全な家を造るセミナー【電磁波対策編】→こちら


tirashi-thumb-863x611-88859.jpg

5/22(日)  豊橋ショールームにて、
安心・安全な家を造るセミナー ~電磁波対策編~ を開催いたします。

~人間は寝ている間に病気を治す生き物。
なかなか病気が治らない人は、寝ている間に
知らず知らずのうちに電磁波の影響を受けている可能性が高いのです。~

ぜひこの機会に電磁波について考えてみてはいかがでしょうか。

2016.05.15
構造見学会

本日は袋井にて、

構造見学会を開催させていただきました。

多くのご来場ありがとございます。

1.jpg

IGで掲げる0宣言や、クワトロ断熱、また今多くの方が

ご興味のある構造について、実際の現場で体感してい

ただく事が出来たのではないでしょうか。

また、今回はIGで採用している、内断熱のセルロース

吹込み実演もあり、実際の吹込み工程や吹き込み方、

吹込み後の断熱材の仕上りなど普段は見れない部分も

ご覧いただけました。

unspecified.jpg

多くの住宅会社で採用しているグラスウールなどの

断熱材に比べセルロースは施工が困難で、職人技、

職人さんの技術も見どころの一つでした。

3.jpg

吹込み後は、営業の野沢さんによるプチセミナーで

IGの工法や、商品をご案内させていただきました。

普段はなかなか見れない建物の内部を見ることが

出来る構造見学会。次回開催は5月28日、磐田にて

開催させていただきます。

多くの方のご来場お待ちしております。

詳しくはこちらをご覧ください。

→クリック

2016.05.14
日々勉強

こんにちは、森です。

先日は1級建築士の定期講習に行ってきました。

20160512_145307_050.jpg

この定期講習は

・建築基準法その他関連法令の改正点の説明

・最新の建築技術の紹介

・近年の建築物の事故の事例及び法令違反による処分の実例

などを一日がかりで勉強するものです。

最後にテストもありそれに合格しなければ講習を修了したことに

ならないので居眠りなどもってのほかです。

もちろん私は居眠りなどしていません。

この講習を受け、あらためて私たち建築士は

依頼者(お客様)の非常に高額なお金で設計を行うという性質の

業務上、非常に重い責任を負っているということを痛感しました。

熊本の地震がおこって1か月がたちました。

その地震の犠牲者のほとんどは倒壊した家屋の下敷きになって

亡くなられたそうです。

ということは家屋が倒壊しなければ犠牲者のほとんどは

亡くならずに済んだかもしれません。

いつ大規模な地震が起こっても不思議ではないと

以前から言われ続けているこの東海地方。

『その時』が来たときにあの時こうしてばよかったなどと

後悔しなくて済むように建築士の役割と責任を

しっかりと果たすために日々精進したいと思います。

2016.05.11
適材適所

こんばんは 増田です。

GWは皆さん、いかがお過ごしでしたか?私は地元浜松で3日間、昼夜共に浜松祭りに

参加し日頃なかなか会えない友人、知人達と充実した日々を過ごさせていただきました。

さて、本日は収納について少し紹介させていただきます。

お客様と新築の打合せさせていただく中で、よく言われるのがとにかく収納がほしいと、、、。

確かにアパートに暮らしていると備え付けの押入れやクローゼットだけでは足りないのが現状。

物が溢れてしまう為、収納タンスやケースがいくつも置かれ部屋を占領するありさま。

昔は納戸といわれる部屋があったりして、その中に季節物問わず何でも入れてしまい挙句の果てに

何を入れたのか忘れてしまい、同じようなものをまた買ってしまったりと、、、そんな経験ありませんか?

「適材適所」 ただ単に広く収納スペースを設けるのでなく、必要な場所に必要な量さえ収納できる

スペースがあれば良いのではと考えます。

例えばこちらシューズクローク

_MG_8292.JPG

靴は勿論、雨具や傘、場合によっては仕事着や普段着、鞄など玄関近くにまとめて収納できる

と便利だし効率も良いですね。

_MG_8578.JPG

_MG_0737.JPG

そしてこちらは洗面所。買え置きは勿論、タオルや着替えなどこちらも近くにあると非常に

便利です。

141019nagoya_moriyama024.jpg

そしてこちらはパントリー。買え置きや電化製品などキッチンの近くにあると非常に重宝しますし、

キッチン周りがスッキリ片づけられます。

奥行や高さなど置くものによってさまざまですが、可動棚にすることで無駄なく収納することが可能ですし

置き方を工夫するだけでお部屋のインテリアにもなります。

HPにもいろんな事例がありますのでぜひ参考にしていただければと思います。

それでは今週末のイベントについて、、、

5/14(土)15(日)新築完成見学会_豊川市→こちら

外観2-thumb-1772x1200-87809.jpg

内観-thumb-500xauto-87800.jpg

和モダンテイストの佇まいのある外観。

木のぬくもりを感じる張店の天井や、和を意識した格子を使ったデザイン空間。

広々とした開放的な吹抜けのあるリビングスペースも見どころの一つです。

見どころ盛りだくさんの新築一戸建て完成見学会。

ぜひご家族そろってお越しくださいませ。

2016.04.30
ブログデビュー!

皆様、こんにちは。

入社1年8か月にしてようやくブログデビューの森です。

まずは自己紹介。

これから家づくりを考えている方に役に立つ情報を

どんどんお届けできればと思っています。

宜しくお願いします。

先日、アフター担当のこの方があるオーナー様より

「最近、アイジーさんの家は大屋根が多くなりましたね」

と言われたとのことでした。

現在施工中のこの家とか

外観①.jpg

昨年お引渡ししたこの家とか

外観① (2).jpg

同じく昨年お引渡ししたこの家とか

外観パース11.jpg

のことを言わたのだと思いますが

じつはその通りです。

私がプランニングすると大屋根になっていくことが多いのです。

なぜかといえば

『かっこいいから』

外観だけでなく内観もです。

リビングの吹き抜け、勾配天井を介して2階のホールと空間がつながり

リビングをより広く、開放的な空間と感じることができます。

また温度差による空気の流動が自然と起こり

風の流れを生み出しさわやかな風が通ります。

IMG_2447.JPG

このようにイイことだらけの大屋根を

これからもどんどん提案していきます。

2016.04.27
住宅の構造安全性について

こんばんは 増田です。

4月も残り僅かとなりました。早いところでは今週末からGWに入るところもあるようですが、

皆様はいかがでしょうか?

さて、熊本地震が発生してから約2週間が経ちましたが未だ余震が続いている状況です。

被害を受けた被災者の方々は、不安な日々を。過ごされていると思います。

建築や住宅に係る会社として義援金や被災地へのボランティアの派遣など、少しでもお役立て

できることを今後行っていくと同時に一日も早く平穏な生活に戻れるよう願っております。

今回の地震では繰り返しの大きな揺れによって倒壊した建物を見ると、その多くが古い建物

(旧耐震基準 1981年以前)によるものだったそうです。

数件新耐震基準(1981年以降)の建物の倒壊もあるようですが、弊社のきじゅんは更に

阪神淡路大震災を経てその後(平成12年=2000年)に改正された基準法の1.25倍以上の

強度を確保しています。勿論部分的な損傷は起こりますが、倒壊することはないと思っております。

但し家の下に断層があった場合や、一帯の地盤が地震によって大きな損傷を受けた場合について

はどんな影響があるかは断定できません。

アイジースタイルハウスは全棟構造計算を実施しています。

IMG_4758.JPG

アイジースタイルハウスでは、通常3階建以上の建物でしか義務づけられていない構造計算を

全棟で実施し、設計の段階から耐震構造に取り組んでいます。

実際の木造軸組は自由度が高い構法ですがそれ故に、本来構造計画は複雑になりがちです。

しかし、建築許可申請でも簡単な算定法だけで許可がおりてしまうのが現状です。

構造計算では、耐震、耐風、構造バランスを綿密な計算の元に定める事はもちろんの事、地震の際の建物の傾き、

ねじれ、揺れやすさについても、十分耐えうる設計を行います。さらに、建物自体の重さ・積雪等の重さ

人・家具などの重さ、建物に掛る全ての重さを算出して、柱・梁一本一本にかかる負荷を計算し、十分に耐えうる寸法、

接合の方法を厳密に設計します。

住宅の構造は注文住宅であればあるほどその使用材料や箇所で構造条件は大幅に変わります。

それなのに構造計算書を作るところは非常に少ないのは悲しいことです。オリジナルの計画だからこそ

オリジナルの構造計算も綿密にしておかなければなりません。

お客様が安心して暮らせる住まいを造るために、、、。

設計士として今後も誠実に対応していきます。

それでは今後のイベントについて→こちら

補助金セミナー-thumb-672x435-86240.jpg

最大400万円の補助金が受けられます】

リフォームをご検討の方、将来リフォームを計画されている方必見!

■2016/5/8(日),28(土)■
先着10組様 10:30-11:30 ※10:00受付開始

前回大好評につき今回も行います。

ぜひ多くのご来店お待ちしております。

2016.04.25
上棟

皆さまこんにちは、山本です。

磐田・浜松エリアでは4月は着工、上棟が続いております。

2016-04-23 16.35.03.jpg

出来上がってしまうと隠れてしまう、

建物の屋根の部分を少しご紹介したいと思います。

この状態は2階の天井部分まで組みあがった状態です。

ここから屋根を作る為に小屋組をしていきます。

IMGP4734.JPG

母屋と呼ばれる部材です。

IMGP4736.JPG

母屋に垂木という屋根の下地を受ける部材を掛けていきます。

IMGP4740.JPG

IGではここで垂木の間にヒートバリアボードという

断熱・遮熱材を施工します。

IMGP4743.JPG

こんな感じで太陽からの輻射熱を遮断しています。

IMGP4746.JPG

そして、屋根下地を施工し、この上に防水等の施工をし、

最後に瓦を施工していきます。

なかなかこうした、構造の部分は見る機会が少ないかもしれませんが、

IGでは、こうした構造部分の見学会を定期的に行っています。

次回開催は、袋井市で5月15日、磐田市で5月28日に行います。

5月15-28日構造@浜松DM-thumb-500xauto-87822.jpg

今最も気になる耐震性についても構造を見ながらご案内させていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

→クリック

2016.04.19
スーパーサブ

こんにちは 増田です。

まずは熊本大地震で多くの被害に合われた皆様へ心よりお悔みとお見舞い申し上げます。

いまだ強い余震が続いているようです。一刻も早く平穏な生活に戻れるようお祈りいたします。

昨日は豊橋の設計アシスタントと一緒にO様邸の基礎配筋検査に行ってきました。

写真 2016-04-18 11 16 30_640.jpg

ヘルメットに長靴と、、、なかなか様になっています。(笑い)

写真 2016-04-18 11 19 29_640.jpg

基礎検査はコンクリートで基礎が仕上がる前の鉄筋を組んだ状態で行います。

鉄筋の太さ、継手の長さ、コンクリートのかぶり厚の他、構造計算による補強筋

の計画などを細かくチェックしていきます。

実際に図面を書いている側として現場を知ることはとても重要なこと。

机上では実際にどのように納まっているのかなかなかイメージできませんが、

現場を見ることでいろんな気付きや理解ができたようです。

彼女は仕事に対する向上心も高くとても頼りになるスーパーサブ的存在です。

これからも宜しくお願いしますね。

それでは今週末の予定について、、、 →こちら

4/24(日) ラジエント体験編 ①10:00~ ②14:00

4月3_17_24日家造りセミナー@豊橋DM-thumb-500xauto-86776.jpg

ご予約制:先着5組(10名)様、参加費無料

まだまだ日本では知られていない、「ラジエントヒーター」という電気調理器。
IHと比べ電磁波の心配が少ないだけでなく、
遠赤外線効果で料理が美味しく出来上がるラジエントヒーターを体験しましょう。

2016.04.16
省エネマニアのための構造設計セミナー

皆さま、こんにちは、山本です。

昨日は、東京にて開催されました、

『省エネマニアのための構造設計セミナー』

へ参加して参りました。

FullSizeRender.jpg

定員30名対し、70名の参加で、途中で募集打ち切りの

大好評セミナーでした。

セミナーの内容は、タイトルにもありますが、構造についてです。

近年、高断熱高気密住宅が増え、室内の温熱環境の改善に伴い、

設計の自由度も上がって来ています。

勾配天井やスキップフロア、吹き抜け等も多く採用されるようになり、

壁や床、柱が減り、構造的にも負荷がかかる建物が増えてきています。

省エネの温熱設計は、今や家造りに不可欠な要素ですが、

同時に、構造設計についても同様に、地震に強く倒壊しない為の

設計も必要になってきます。

IGでは2階建て木造住宅において義務付のない構造計算を

全棟実施し、耐震についても力を入れています。

先日、熊本でも大きな地震がありましたが、

お客様が安心して暮らせるように、構造についても

今以上に安全なお住まいがご提案できるように

していきたいとおもいます。

それではイベントのご案内です。

4/17(日)24(日)30(土)リフォーム補助金セミナー

補助金セミナー-thumb-672x435-86240.jpg

なぜ、国は積極的に補助金を使ったリフォームを薦めるのか?

なぜ、業者はお客様に補助金の事を教えたくないのか?

その秘密をセミナーで分かりやすくご説明いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

→クリック

2016.05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

過去の記事

プロフィール
写真:増田 公男
増田 公男
(ますだ きみお)

■資格
・二級建築士
・二級建築施工管理技士
■お客様へのメッセージ
新築の設計及び工事監理を担当しております。 お客様の夢と希望を形に・・・笑顔溢れる素敵な家を提案させていただきます。 設計に関わることなら何なりと、お気軽に声を掛けてください。

プロフィール
写真:山本 清尊
山本 清尊
(やまもと きよたか)

■学歴
掛川西高等学校卒業後、前橋工科大学 工学部建築学科にて4年間建築を学び、大学院へ進学。その後、オーストラリアへ半年間留学し建築を学ぶ。 ■お客様へのメッセージ
設計業務を担当しております。友人に自慢できる家、何よりお客様が自分の家を大好きだと思える家、そんなご 提案が出来るよう、日々精一杯頑張っております。

プロフィール
写真:森 貴志
森 貴志
(もり たかし)

■資格
・一級建築士
■お客様へのメッセージ
完成した後、住んで何年も経った後でも『森さんに設計してもらって本当に良かった』と言ってもらえるような設計をしたいと思います。 そのためにも、お客様が気づかないような細かな部分も感じ取り、プランに活かせるようにします。

ブログ一覧

プロモーション

オフィシャルfadebook

お客様の声

ゼロ宣言

リフォーム部門

ブログ一覧 スタッフ紹介 プロモーション IG Style House 新築部門 メディア関連 ページの先頭へ
G Style House 磐田店

iG Style House
磐田店

〒438-0834
静岡県磐田市森下270-2
TEL:0538-21-9010
FAX:0538-33-3639

アクセス 来店予約
イオンモール浜松市野店

iG Style House
イオンモール浜松市野店

〒435-0052静岡県浜松市東区天王町
1981-3イオンモール浜松市野店1F
TEL:053-411-3238
FAX:053-411-3248

アクセス 来店予約
iG Style House 豊橋店

iG Style House
豊橋店

〒441-8112
愛知県豊橋市牧野町142-1
TEL:0532-38-7420
FAX:0532-387422

アクセス 来店予約

iG Style House
名古屋店

〒465-0093愛知県名古屋市名東区一社1丁目79 第六名昭ビル1階
TEL:052-750-1255
FAX:052-705-1256

アクセス 来店予約
資料請求 お問い合わせ

施工品質を保つため、エリアを限定させていただいております。何卒、ご理解下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

静岡県

標準対応エリア
浜松市 中区 東区 西区 南区 北区 浜北区
天竜区(旧天竜市 旧佐久間町 旧龍山町 旧春野町)磐田市
掛川市 袋井市 湖西市 菊川市 周智郡森町

愛知県

標準対応エリア
豊橋市 旧田原市 旧新城市 旧作手村 鳳来町 豊川市 蒲郡市
愛西市 あま市 飛鳥市 津島市 蟹江市 大治町 弥富市 稲沢市
一宮市 岩倉市 江南市 小牧市 桑原町 大口町  犬山市 清須市
日進市 東郷市 豊明市 東海市 大府市 刈谷市 豊山市 瀬戸市
知立市 名古屋市 北名古屋市 春日井市 尾張旭市 長久手市
みよし市 豊田市(一部)

許可番号

建設業許可 国土交通大臣許可(般-24)第20412号 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第8168号 一級建築士事務所 静岡県知事登録(2)第6562号

iG Consulting 株式会社アイジーコンサルティング