木造軸組パネル工法

軸組パネル工法



木造軸組み+パネル =『軸組みパネル工法』

アイジースタイルハウスの基本構造は、日本家屋の伝統工法として伝わる木造軸組工法です。

他の工法に比べ、歴史に証明されるよう、日本の風土に一番適した工法で、プランニングの自由度が最も高い工法であり、それぞれの家族の生活スタイルに合わせることが可能です。

しかしながら、土台、柱、梁で支え、筋交いという部材で歪みを軽減するのが木造軸組みの基本ですので、耐震性という面において課題があります。

アイジースタイルハウスは、従来の点と線で支える木造軸組み工法に「大きな1枚のパネルを外周部に張る」パネル工法を併用しています。

パネルという「面」で支えることによって、効率的に力を分散させることができるため、間取りの自由度はそのままに、耐震性をより高めることができます。

壁全体で力を受け止める。

地震の際、建物に作用する水平方向の大きな力を分散し、壁全体で受け止め、優れた耐震性・耐衝撃性を発揮します。

ページの先頭へ

もし地震や風によって外から力が加わっても大丈夫

地震の際建物に作用する水平方向の大きな力を壁全体で受け止め、優れた耐震性・耐衝撃性を発揮します。

画期的な新素材構造パネル「モイス TM」

私達が使用している構造パネルは通常2×4で使われる構造用合板ではありません。
日本の風土に耐えうる為に、構造のみならず断熱・調湿・防火・防蟻性なども考慮した画期的な新素材「モイス TM」を使用しています。

壁倍率最大3.8倍

「モイス」は厚さ9.5mmでありながら、所定の大きさ1枚で、最大3.8倍。木造用耐力壁として優れた耐震性が実証されています。
万一の時も、大切な家族を守る頼れる壁になるのです。

代表的な耐力壁とその倍率(強さ)

地震や台風によって建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁と言われる部分です。その耐力壁の強さを表すのが壁倍率です。この数値が大きいほど強い壁ということになります。

商品特性

  「モイス TM」 火山性ガラス質複層板 構造用合板
森林保護 ×
ノンホルムアルデヒド
耐震性
不燃性 ×
防かび性 ×
防腐性 ×
防蟻性 ×
釘打ち性
釘保持性 ×

※各材料の相対評価

優れた不燃性

「モイス TM 」は優れた防火性能を発揮し、建築基準法に基づく法定不燃材料の認定を取得しています。
また、無機材料でできていますので、煙や有毒ガスの発生もなく、安心です。

バーナーによる加熱実験(30秒)を行いました。※メーカー試験による。
その結果からも、「モイス TM 」の高い不燃性がお分かりいただけます。

また、アイジースタイルハウスの基本仕様と同じ、【内装材】9.5mm 石膏ボード+【断熱材】セルロースファイバー+【構造面材】9.5mm モイス TM仕様で、防火構造認定(30分)取得しています。

※防火構造とは、建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために外壁又は軒裏に必要とされる防火性能を有する構造のことで、国土交通大臣が定めたもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

壁の断面図

天然素材だから、体にも地球にも優しい

「モイス TM」は消石灰・珪砂・バーミキュライトなどの天然素材からできています。
製造過程でも接着剤などの有機材料は使用せず、ホルムアルデヒド等の有害物質を含んでいないため、シックハウス規制の対象外です。
また、湿度の調整や消臭効果にすぐれた土壁の機能を併せ持った建材です。

土に還るリサイクル素材です

「モイス TM」の基材は「トバモライト結晶体」で、その成分は珪酸カルシウム水和物。高い強度を持つ安定した化学反応物です。この物質はとても水になじみやすく、稲など植物の珪酸補給に高い効果があります。

また、その高い珪酸補給効果により、肥料の変わりにもなることが分かっています。
(※メーカー調べによる)

(財)日本肥糧検定協会における植物の栽培試験で、発芽開始日、発芽率、発芽後の生育において軽量気泡コンクリート粉末肥料と同等の成績を示しました。

優れた調湿効果

「モイス TM」は消石灰・珪砂・バーミキュライトなどの天然素材からできているため、優れた調湿効果を持っています。
その効果で壁内結露を防ぎ、カビの発生や木材の腐食を防ぎ、健康で耐久性のある住宅を実現します。

気密性が高く、省エネ性アップ

「モイス TM」は気密材として認められている石膏ボードや合板より100〜1000倍も気密性が高いので、冬場の冷気や夏の熱気の侵入を抑え、壁体の断熱性能が向上します。

このページを見た方はこちらのページもよく見ています