窓から約50%の熱が逃げる

断熱構造の家でも窓やドアから多くの熱が失われていきます。
これは室内の空気が窓で冷やされ、足元に流れてくるコールドドラフト現象が原因です。また、窓から外の温度が内に伝わり、冷機で室内の暖かい空気が冷やされると結露が発生。カビやダニの原因となり、健康を損なうことにもなりかねません。
快適な生活のためにも、家族の健康のためにも、断熱性能の高い窓をお選び下さい。

ページの先頭へ

室内側を樹脂フレームにした複合構造で、高い快適性を実現

アルミと樹脂の複合構造、複層ガラスを採用。
室内を快適に保ちながら冷暖房エネルギーを大幅に削減し、不快な結露も抑えます。
気密性に優れ、屋外からの音の侵入を防ぎ静かな暮らしを守ります。内観色、外観色が自由に選べるのも魅力です。

1:断熱性

アルミと熱伝導率の低い樹脂形材を組み合わせた、アルミ樹脂複合構造。 上下枠にはアルミに断熱樹脂をはさみ、より効果的にハイレベルな 断熱性能を実現しています(引き違い窓だけの構造です)。

2:遮音性

高い気密性能を持ち、優れた遮音性能も確保。 室外からの騒音の侵入を防ぎ、静かな暮らしを守ります。

3:省エネルギー性

複層ガラスのガラス溝幅は26mm。一般複層ガラスはもちろん、防犯合わせ ガラス使用時にも、12mm以上の中空層を確保でき、単板ガラスの約2倍の 断熱性能を発揮します。
そのため、冷暖房エネルギーを大幅に削減すること ができ、家計の負担を軽減します。

4:防露性

枠・障子が高断熱樹脂複合構造のため熱が伝わりにくく、 ガラス面のほか、枠・障子に発生する不快な結露を抑えます。

5:気密性

外気の流入を防止して高い気密性を発揮するエアタイトル構造を採用しています。

主な特徴

冷暖房費を大幅に節約

冷暖房にかかる費用は・・・

このページを見た方はこちらのページもよく見ています