• 屋根材
  • 100%自然素材の塗り壁。漆喰の高い吸放湿性によるマイナスイオンの
    放湿で、室内にいながらとても心地よい空気の中で過ごせます。

住まいにおいて、室内環境はとても大切です。
だから、私たちは自然素材100%の「スペイン漆喰」を
使用しています。
ボーダー

アイジースタイルハウスの家は、100%自然素材の「スペイン漆喰」を使用します。
リビング、寝室はもちろん、トイレ、廊下階段まで、家中の壁全てです。私達が自信をもって100%自然素材の「スペイン漆喰」をおススメするのには理由があります。漆喰はとにかく、優れた性質を持っているのです。

スペイン漆喰とは
ボーダー

「スペイン漆喰」は、スペイン産の石灰を主成分とした天然無機質の自然素材100%です。

人類と石灰の歴史は古く、歴史上に登場する多くの建築物に使用されてきました。5000年前のエジプトではピラミッド内の墓にあった壁の下地には漆喰が塗られていますし、地中海の白い建物の壁も漆喰です。日本での誰もが知る有名な建築物では世界遺産「姫路城」。数百年もの間、この漆喰壁が構造体を守り続けています。そして建造物だけでなく、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」やラファエロの「天使の壁画」の下地も漆喰なのです。

ヨーロッパでも古くから教会やお城、住宅などに使われてきた自然素材『西洋漆喰』。

それはヨーロッパの大地そのものが自然の石灰岩で覆われており、漆喰の主成分である石灰が豊富に入手できたからでもあります。ヨーロッパは石の文化です。
建物の耐久性、持続性は日本人の想像以上に永く、100年以上住み続けることが一般常識です。ヨーロッパでは中世から使い続けられている西洋漆喰。そして、今もなお現存する中世の建築物がその自然素材の確かさを物語っています。

無垢フローリングとは
「スペイン漆喰」の優れた特徴
ボーダー

自然素材で優れた調湿・殺菌効果。室内の空気をサラサラ。きれいに保ちます。

自然素材の漆喰は、数千年もの昔から、エジプトのピラミッドをはじめ、世界各国で建築材として使われ、日本でも、古くから城や土蔵などに使われてきました。その理由のひとつに、漆喰の持つ優れた調湿効果が上げられます。自然素材の漆喰は、室内と外気の状況に合わせて、水分の吸収や放出を繰り返し、室内の湿度バランスを保つことができます。そのため、雨の日でもサラサラの室内を実現します。また、軽石のような構造で空気層を持つため断熱性も高く、室内は快適な空間となります。さらに自然素材の漆喰は、ph13もの強いアルカリ性を示します。カビやダニが生息できるペーハー値は1〜11までと言われているので、漆喰の強アルカリ性には優れた殺菌作用があることはわかります。 土蔵で保管した古文書などがいつまでも保存状態がよいのは、この殺菌効果によるものです。加えて自然素材の漆喰は、ビニールクロスとは違い、静電気を帯びない性質を持っているので、掃除機などの埃の吹き上げを寄せつけません。そのため室内を清潔に保つことができ、ハウスダストが原因で起こるアレルギーなども、しっかり防ぎます。

無垢フローリングとは
「スペイン漆喰」の優れた特徴は、
調湿・殺菌効果だけではありません。
ボーダー

自然素材 スペイン漆喰
①結露、カビ・ダニを防ぐ

優れた吸放湿機能で湿度を調整し、結露やカビ・ダニ、ひいてはアトピー対策として効果的です。

自然素材 スペイン漆喰
②自浄作用あり

自然素材100%のスペイン漆喰には自浄作用があり、時間とともに汚れが薄くなっていきます。

自然素材 スペイン漆喰
③保温・断熱による省エネ効果

無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくく、冬暖かく夏涼しい室内環境が得られます。

自然素材 スペイン漆喰
④においの吸着

タバコやペットの気になるにおいなど、家の中の生活臭を吸着・脱臭するのでトイレにもおすすめです。

自然素材 スペイン漆喰
⑤環境にやさしい

樹脂やセメントを一切含んでいないため再利用ができ、自然に還すことが可能なエコロジー材料です。

自然素材 スペイン漆喰
⑥有害物質を発生しない

自然素材100%のスペイン漆喰はシックハウスの原因となる化学物質を一切含んでいません。また室内の有害物質を吸着する安全・安心な素材です。そして塗った後の嫌な臭いもないので、快適にお過ごしいただけます。

一方で日本の住宅の内装材の多くは、
ビニールクロス採用されています。
ボーダー

現在、日本の住宅の大半はビニールクロスを採用していると言われています。それほどの普及率を誇るのはなぜでしょう?答えは簡単です。とにかく施工が容易で、価格も安い、色・柄等の種類が豊富で、お客様も柄を選ぶ楽しさがあるからです。

快適な住まいを造りたいから。 私達は、ビニールクロスが大嫌い。

ビニールクロスを火であぶってみるとどうなるかご存知ですか? 右図のように、真っ黒い煙がモウモウと出るのです。それが一息でも肺に入ったら…。 「あの光景を見たらビニールクロスなんて使えないよ。」棟梁たちは、そう言います。 実は、火災などの時も、焼死してしまう人よりも、燃えた石油製品から出た煙の中に含まれる有害物質が原因で、やられてしまうことが多いのです。

そしてビニールクロスは空気や湿度を通しません。あなたも就寝時に、ビニールをかぶって寝ることはないと思います。それは、湿度や湿気を通さず、蒸れてしまうからです。家も同じなのです。

無垢フローリングとは

アイジースタイルハウスでは、自然素材の漆喰を使用。ビニールクロスは一切使いません。ビニールクロスは呼吸を妨げます。そして、自然の木の良さを殺してしまいます。
確かにビニールクロスは、安価で、種類も多く、自然素材の漆喰に比べれば、お客様からのクレームも少ないでしょう。しかし、本当の意味での「快適さ」「住み心地のよさ」「健康」を考えたら、アイジースタイルハウスはビニールクロスを選べません。

ただ、塗り壁・漆喰」と聞いて、「メンテナンスが大変では?また、画鋲や釘などがさせないのでは?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

実際に、このような質問をよくいただきます。しかし、100%自然素材の「スペイン漆喰」は、そういった一般的な塗り壁(漆喰)の欠点もしっかりと解消されています。実は、自然素材の漆喰はクロスなどよりもメンテナンスが簡単なのです。材料を水で練り、穴の開いた部分に自分でハケ等を使用し塗るだけで、自分で補修をすることができます。

もちろん、100%自然素材の「スペイン漆喰」にも欠点もあります。それは、ビニールクロスに比べ施工にかかる時間も、そして、材料費も手間もかかってしまう事です。しかし、漆喰で塗り壁材仕上げにするには、それだけの価値があるのです。

本当に住む人の健康と快適さを考えたら、ビニールクロスを選ぶことはできません。手間はかかっても、『本物の家造り』を提供したいので、100%自然素材の「スペイン漆喰」を標準仕様に採用しています。

まめ知識

そもそも自然素材とは??

「自然素材」が好きですか、嫌いですかと尋ねたら、大抵の人は自然素材は好きと答えるのではないでしょうか。 でも、「手入れが大変そうだから」「割れたり、音がなったりするらしいし」と、実際のところはよくわからないまま、自然素材を何となく敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。

自然素材とは、木、石、紙、草など自然界にあるものを、できるだけそのままの素材で家づくりに利用できるようにしたものを指します。 自然界にある素材・材料を使っていても、化学薬品を混ぜたり、化学薬品を利用して加工したものは自然素材とは呼べません。 つまり、合成接着剤で貼りあわせた集成材や、化学薬品によって防腐・防蟻処理を施した無垢材、固まりやすくするためにアクリル樹脂を混ぜた漆喰などは、自然素材とは言えないということですね。

化学物質によるシックハウス症候群や、化学物質過敏症の被害が問題になっている現在、化学物質をほとんど含まない自然素材を積極的に利用することが、もっとも健康のために良いと思われるのに、 いったいなぜ自然素材ばかりで家をつくらないのでしょうか?じつはそこには理由があります。

無垢フローリングとは

自然素材ではなく新建材が使われている背景
 ~コストダウンとクレーム対策のためにつくられた新建材~

無垢の木や漆喰は生きて呼吸している自然素材です。そのため温度や湿度の変化によって伸びをしたり縮んだりします。 ということは伸縮にともなうヒビや隙間などが、どうしてもできるということです。 じつはその性質ゆえに、室内の湿気を調節したり、きれいな空気を吐き出したりできるのですが、現代ではそれがクレームにつながることを恐れて、住宅会社がなかなか一歩を踏み出せない状況があるのです。

なぜクレームにつながると、住宅会社は考えるのでしょうか。 それは私たちが商品化された住宅に慣らされてしまっていることと関連しています。 漆喰壁のヒビや隙間、木の割れなどが当たり前だったことを知る日本人は、いまでは少なくなりました。 かつての常識が現代ではクレームにつながってしまうのです。 そんな風に住宅が商品化されたのは、戦後、家づくりが住宅産業と呼ばれるようになり、大企業が出現してからです。

大企業は大量に生産し、大量に売らなければ存続できません。どんな土地にも、どんな気候にも合う家にすれば、同じ素材・材料を一度にたくさんつくれます。コストは下がり、多くの人に家が売れるようになるわけです。しかし、どんな土地や気候にも合う家となると、自然素材では難しい。 そこで自然素材ではなく、狂いがない、一度に同じものがたくさんつくれる、いわゆる新建材が圧倒的に多く使われるようになったのです。『自然素材は昔からの家のつくり方、新建材は高度経済成長期に大企業の論理でつくられたもの』と言えます。

スペイン漆喰で実現する多彩なデザインと手作り感

自然素材100%のスペイン漆喰による塗り壁は、お好みのデザインができる多彩な仕上げが可能です。様々な色彩をデザインできるなど、非常に魅力的な装飾材でもあります。自然素材の漆喰は求める雰囲気に合わせて、塗り方や色を変えて、オリジナルな空間を作り上げることができます。

スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー
スペイン漆喰ギャラリー