iG Works

iG Works (協力業者会)

「家」が出来上がるまでには実に多くの種類の工事が行われます。
基礎工事から大工工事、電気工事や内装工事まで各種の協力業者と共に一体となってお客様の家を造り上げていきます。
「アイジーワークス」とは、お客様に「より上質でより快適な家をご提供したい」という
共通の思いを持った職人さんとその支援者の集まりです。
研修や勉強会を開いて情報交換や技術の向上を図り、お互いに協力し合うことによって、よりレベルの高い家づくりを目指します。
アイジーワークスは、信頼のおける職人達の確かな施行技術によって建てられた家を、自信を持ってお施主様にお引渡しします。

協力業者会

『本物』を提供するために。
アイジースタイルハウスは、信頼のおける職人達の確かな施工技術によって
建てられた家を、自信を持ってお客様にお引渡しします。

アイジースタイルハウスは、家そのものが本物でなければならないと考えます。そのためには、品質向上が欠かせません。
受注生産品である我々の木造建築は、住む人の命や健康に直結するものです。
そして、それらを突き詰めていくと、提供する「人」が極めて重要だと考えます。
建築業界は、職人さんに依存している業界です。
どんなにいいプランができても、商品がよくてもそれに携わる我々や職人さんの想いが入らなければ、本当にいい家はできません。
その建物に命が吹き込まれるような、そんな想いを持って関係者全てのベクトルをあわせ、
最高の現場造りができるよう、仕事を通じ人格を高めることが必要不可欠であると考え、研修や勉強会を実施しています。

安心してお引渡しのできる良い家を創り続けるためには、
現状に甘えず、社員や職人がレベルアップしていくことが必要だと考えています。

アイジーワークス(協力会)の取り組み 毎月開催

挨拶の練習:業者会開始の5〜10分は挨拶の練習から始まります

『良い現場は気持ちの良いあいさつから』、良い家造りをするには、野球やサッカーと同じチームワークが大切です。
基本動作である “あいさつ”を徹底することで、チームワークの向上、質の高い仕事が生まれます。
アイジーワークスでは現場監督の号令に合わせて発声をし、体を動かして全員で唱和しながら、
一つ一つポーズを決めて練習しております。

現場パトロール:2ヶ月に1回、グループ分けした業者さんたちと現場をパトロールします。

【パトロール及びパトロール報告】

日中のパトロールの報告を夕方の会の中で行い、全員で共有します。安全、美化に対する取組みの中で、出来ていないことは指摘し、逆に改善されたり問題がない場合も、いい事例として報告しています。

【グループディスカッション】

よりよい方法、改善案を職人さん同士で話し合います。ここから数々の改善案が出て、それらを実行する事で現場美化のみならず、品質の向上に繋がっています。

「明日から行動が変わる」を目標とし、毎月テーマを決め全員で取組みます。

玄関での正しい靴の脱ぎ方
成功の方程式

アイジーワークスは、決して強制的に「ああやれ、こうやれ」というものではなく、明日から自らの行動が具体的に変わるような改善案を出し合い、よりよい現場づくりを行うための話し合いや取組みをしています。

日本一奇麗な仮設トイレに!を合い言葉に、仮設トイレピカピカ大作戦を実施しております。

仮設トイレは常に綺麗な状態を保ちます

トイレは必ず仮設のブルーシートで囲み、現場5ヶ条のルールを張ります。仮設トイレは常にこの状態を保ちます。 一般的には建築現場で一番汚い箇所はトイレです。トイレの汚れと現場の汚れはイコールだと認識しています。私たちは常に仮設トイレを奇麗にすることで、5Sを徹底し、現場の品質向上に努めます。

整理整頓も徹底します

作業中、道具が散乱したり無造作に置かれた状態は事故、怪我の元になります。ラックに道具を収納したり、一箇所に集めることで、常に整理整頓された状態を維持します。

整理整頓も徹底します

養生も徹底します

駐車場

駐車場には泥を引っ張らないように「砕石」を敷きます

出入り口

出入り口にはプライターを敷設し、道路を汚さないようにしています。

基礎周り

基礎周りには、泥跳ねを防ぐ、釘やゴミなどを拾いやすくする、という目的で養生ネットを敷きます。

バルコニー

バルコニーには、ブルーシート→人工芝を敷き、汚れない工夫をします。

現場の養生、清掃を徹底

現場の養生、清掃を徹底します。これらは現場の基本で、安全管理にも直結し生産性の向上につながります。 皆が意識して行い、常に現場をきれいにしておくことで、次工程の職方さんも気持ちよく仕事ができます。

資源の再生

資源の再生

業者さんからの提案で、木材と外断熱パネルの再利用を行うことになりました。その他の廃材も、現場で種類ごとに分別し、リサイクルできるようにしています。端材をこのように分別することで、現場整理にも繋がり、廃材も30〜40%の削減につながりました。

現場クリーンデー

現場クリーンデー

毎月0の付く日は現場クリーンデー。建物内部だけでなく、外周部、仮設トイレまで、社員も自ら清掃を行います。整理、整頓、清掃(3S)の徹底こそが品質向上に向けての第一歩となります。 全物件の報告書を作成し、全ての業者さんに報告します。

表彰・レクリエーション

新年、または年末に1年の労をねぎらい、また、総括を行い、新年の方針や目指す姿を共有します。お客様の評価が高かった業者さんを表彰したり、業者さんからの提案で実際に成果のあったものなど、感謝の気持ちをこめて表彰を行います。小さな工夫や前向きな提案の積み重ねが、大きな変化をもたらします。 お客様満足向上のため、互いに協力し合い、昨日より今日、今日より明日へと改善改革を進めます。

研修・勉強会

アイジーコンサルティングは社内研修を行っておりますが、希望があった協力業者さんにも参加していただいています。3ヶ月に1度行う社員総会では著名人をお呼びし講演会を開催しています。 また、山での研修は、挨拶や姿勢などをはじめ、社会人として基本的な作法を見につけるためのものです。 このような場に協力業者さんも参加していただき、当社と共に学ぶ場を設けることで共有を計っております。

研修・勉強会

家というものは、形にならなければ存在しないものであり、そのまだ形になっていないものにお客様はお金を支払うのです。

ですから、出来たものが商品ではなく、家を造る「過程そのものが商品」であり、それらを造る私たちや職人さんの想い、心で、最終的な「形」は同じであっても、全く違う「家」が出来る、そう思います。

神様が宿る家とは、日本一素晴らしいスペック、工法だけでなく、造り手の想いが具体的に反映されてこそだと思っていますので、カイゼンにカイゼンを積み重ねる努力が必要不可欠です。
そして「想い」という無形のモノが「物質」に何らかの影響を与え、同じ行動、事象でもそこに「人の想い・念」が乗る事により、違いが出るものだと信じています。

後ろめたさが微塵もないこんなに素晴らしい仕事を、この素晴らしい家を少しでも多くの方に知っていただくよう努力を積み重ねていきます。