こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

リフォームをご検討中のお客様から私たちがよく伺うお悩みに以下のようなものがあります。

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

これらは全て、「断熱性の低さ」が原因として上げられます。

断熱性能が低い材料を使用した住宅では、室内・室外の温度差が高くなり、壁の中で結露が生じます。 それにより、家を支える構造材に水分が染み込み、腐朽が進むことで家自体の耐久性が低下するだけでなく、断熱材も水分を含むことでカビ・ダニが発生し、アレルギーの原因となります。

また、室内を快適温度に保つ為、冷暖房器具を使用することで電気代がかさむことはもちろん、各部屋でも温度差ができることにより、夏は疲れがとれない・熱中症などの病気になりやすくなるなど、健康障害が起きやすくなります。冬はヒートショックにより脳卒中などの病気になりやすくなるということも考えられます。こうした住宅が多いのが現在の日本。これは、ローコスト住宅が普及し、低単価、工期短縮、内観・外観などのデザイン重視の住宅造りが優先され、断熱性・調湿性などは後回しにされてしまったことが原因です。