世代を越えた健康で快適な暮らし

親と子、それぞれの家族がひとつ屋根の下に住む。もともと日本の伝統であったこの住まい方が、再び注目を集めています。 2世帯住宅は、新築・リフォームに限らず、建物の有効活用や、住宅資金の有効利用、
家計のゆとりなどさまざまなメリットがあります。
そして、何ものにも代えがたいのは、親族がすぐ側にいることの安心感や安らぎではないでしょうか。

2世帯住宅にすることによって、自分たちらしい暮らしを、より楽しく快適な住まいにするためには、
両世帯がどのような暮し方をするのかを十分に話し合い、暮らし方に応じた2世帯住宅にするための整理が必要です。
私たちは、ご家族のみななさんが楽しく幸せに暮らせる、そんなお手伝いをさせていただいます。 

暮らしにあわせた 二世帯スタイル

完全共有スタイル

完全共有スタイル

キチン、浴室、リビングなど すべてを共有する暮らしスタイル

  • 育児や家事を助け合える
  • 建築費、ランニングコストが抑えれれる
  • 敷地に余裕がなくても建築可能

プライバシにー配慮したプランニングが重要。生活空間は共有していても、ちょうどいい距離感を保ち、家族の絆が深まるよう心がけた暮らし方を。

部分共有スタイル

部分共有スタイル

キチン、浴室、トイレなど 一部を分離した暮らしスタイル

  • プライバシーが確保されやすい
  • 建築費、タンニングコストが抑えられる
  • 気を使い過ぎずに生活が出来る

家族で話し合い、キッチンや浴室、トイレなど、どこを共有するのかが最重要ポイント。

分離スタイル

分離スタイル

家族が近くに住んでいるという 安心した暮らしスタイル

  • 税制優遇制度の活用ができる
  • 家族との暮らし方が実現できる
  • 友人や親戚を招きやすい

 お互いの距離が離れすぎないよう、往来の出来るドアなどを設置すると便利。税制面でも優遇される施錠可能なドアがおすすめ。

アイジースタイルハウスだからできる 健康で快適な暮らしの実現

二世帯住宅へのリフォームを検討する場合、さまざまな悩みや問題が出てきます。
私たちアイジースタイルハウスは、その悩みを抱えている問題を、「健康」に結びつけて解決することで
これまでよりも快適な「住み心地のいい家」として皆さまに暮らしていただけます。

への気遣い

ライフスタイルが違う2世帯の暮らしでも、気兼ねなく暮らしたい。
ご家族のプライバシーを守るため防音効果の高いセルロースファイバーを使用します。

分離スタイル

断熱材「セルロースファイバー」の特徴

  • 1.結露防止・調湿性能
  • 2.断熱効果
  • 3.防音・吸音効果
  • 4.難燃効果
  • 5.防虫・防カビ性能
  • 6.高い安全性
  • 7.優れた耐久性
  • 8.高品質
  • 9.地球の将来を考えたエコな素材

健康
への配慮

VOC、シックハウス症候群・・・。
せっかくリフォームしても人体に影響があってはなりません。ただ、安いからといって粗悪な建材は使用しません。
無垢材を使用することで空気が澄み、心身をリフレッシュさせてくれます。

全棟毒の検査

全棟 毒の検査(VOC検査)

健康安心な室内環境は「空気」から。空気に自信がありから全棟に実施します。

全棟放射能検査

全棟 放射能検査

お施主様の健康と安心を提供するため放射能測定を自主検査します。

全棟毒の検査

無垢材

木には人に癒やしを与えるたくさんの効果があり、おすすめの自然素材です。

未使用
空間
の利用

今まで使っていなかった小屋裏にもう一部屋プラスするなど、空間を最大限に利用できます。
小屋裏を部屋にした場合。遮熱対策をしっかりしないと夏暑く、冬寒い家になります。

ヒートバリアボード」の特徴<

屋根遮熱・断熱材「ヒートバリアボード」の特徴

ヒートバリアボードは、アルミ遮熱シートによって輻射熱を遮断。そして屋根とアルミ遮熱シートの間の通気層により対流伝熱を遮断します。 また、断熱材による保温、断熱効果をかね備えた優れた遮熱・断熱材です。

事例を見る

施工事例一覧へ

>詳しく見る

父親が建てた家に、娘夫婦世帯が同居することになり、2人家族が6人に増えることになりました。 現在の間取りでは・・・