設計士・
コーディネーターブログ

ブログ一覧へ

ランドリールーム

2016年12月7日(水)

こんにちは 増田です。

現在豊橋店メンバーでシリーズでお伝えしているこちらの見学会での見所について、、、

12月17-18日 完成見学会@豊川

12月17-18日 完成見学会@豊川

体が喜ぶ「ゼロ宣言の家」

玄関に入った瞬間、木の香りとサラサラした空気に包まれる。
健康に害のある建材をいっさい使用しない「0宣言の家」の居心地のよさ。
ぜひ体感してください→こちら

今回は「ランドリールーム」について紹介させていただきます。

最近よく提案させていただいております、ランドリールーム。

ランドリールームといっても考え方は様々。

こちらは洗面所の隣に部屋として設けた形。

img_4441_640

勝手口で外との繋がりをもたせ天気の良い日はそのまま外に干し、

天気が気になるときは室内に、、、。最近共働きのご家庭が多いので

室内干し出来る空間があると大変便利ですね。

110219_ig_008_640

こちらは勝手口にテラスを設け、ランドリールームとして使用。

洗濯もこちらですべて行います。屋根があるから天気も気になりません。

敷地が広ければよいですが、敷地が狭かったり周囲の視線が気になる場合は

寸法や目隠しに考慮する必要があります。

141122%e8%9f%86%e5%86%97%e9%b4%ac%e8%9f%b6%e3%83%bb141122_017_640

こちらは、脱衣室にパイプを設けランドリールームを兼用する形に。

こちらのお宅は2階に浴室を設置している為、ベランダへの動線ができ

外干しもできます。脱衣室を少し広めに取ってあげることで使い勝手や用途

が広がります。

_n6c9975_640

こちらのようにベランダとの繋がりがあれば2階ホールをランドリールーム

として使ってみるのも良いですね。

 

ただ、室内干しだと家中が湿気てしまうし匂いが気になると心配される方が

多いのでは、、、。

 

当社の家中の室内の壁を100%自然素材の「スペイン漆喰」を

使用しています。

このスペイン漆喰の特徴は何と言っても自然素材で優れた調湿・殺菌効果。

室内の空気をサラサラ、きれいに保ちながら室内干しによる湿気を吸収、調湿するだけでなく

消臭効果もありますので不快に感じることは一切ありません。

 

実際に実際見学会前に洗濯物を干してみます。さぁどうなっているか?答えは会場で、、、

次はコーデの宮木さんによる「家事動線」の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

シェアしてね

ツイート
前の記事を見る
ブログ
一覧へ
後の記事を見る
この記事に関連したブログ記事